町田で話題の脱毛クリニックは

AGAの起こるメカニズムを知って前向きな治療

最近、AGAについて健康雑誌やテレビなどで取り上げられる機会が増えています。

AGAは脱毛症の一種で、男性型の脱毛症に分類されます。男性型という名前の通り、この脱毛症には男性ホルモンが関わっているのが特徴です。男性ホルモンは男性の体内で第二次性徴期以降に大量に分泌される性ホルモンで、筋肉や骨格を発育させたり男性らしい外見を作り出す役割をしています。男性ホルモンにも種類がいくつかあるのですが、脱毛症に関係しているのは中でもテストステロンというホルモンです。

ただし、テストステロンそのものが脱毛を起こすのではなく、これにある種の酵素が働きかけて生じるジヒドロテストステロンが脱毛の原因になります。テストステロンからできたジヒドロテストステロンは毛根部に定着しますが、毛根にジヒドロテストステロンがたくさんあると脳から指令が出されて発毛サイクルが退行期モードに切り替わってしまうということがおこります。すると、毛サイクルで発毛した新しい髪の毛が発育しなくなった細いままに抜けることになります。

生えた髪がいつまでも細かったり、寿命が短くなって抜けていくので全体の印象が薄毛になるのがAGAです。このメカニズムを知っていれば、髪を生やすことはもちろん大切ですが、生えた若い毛髪が抜けていかないようにすることがAGA治療のポイントであることがわかるはずです。病院でのAGA治療では、男性ホルモンのテストステロンが脱毛の原因ジヒドロテストステロンに変わる時に作用する酵素の働きをブロックする薬が使われます。
町田のAGAのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *