町田で話題の脱毛クリニックは

AGAになる原因とは

成人男性の薄毛のおよそ90パーセントは、男性型脱毛症であるAGAによるものであるといわれています。

特徴としては、前頭部分の髪の毛が徐々に薄くなっていくM型のタイプと、頭頂部から徐々に薄毛が広がっていくO型のタイプ、もしくはこの両方のタイプの3つのタイプがあります。後頭部や側頭部の髪の毛については、最後まで残るという特徴があります。AGAの発症時期としては、主に思春期以降となっていますから、子供の頃は髪の毛がいっぱいあったとしても、20代頃から少しずつ薄くなっていくことが多いです。

このAGAの原因としては、遺伝などが要因によって、男性ホルモンの変化が毛根に影響を与えて、正常な髪の毛のサイクルが乱れてしまうことによる発症すると考えられます。ヘアサイクルが乱れてくると、髪の毛の成長期間が短くなり、髪の毛がしっかりと成長して太くなる前に生え終わってしまうことになります。ですから、AGAの人の髪の毛の特徴としては、産毛状の髪の毛が生えているといった感じになり、髪の毛一本一本が細いといったイメージの髪の毛になります。

そして、このAGAは徐々に進行するという特徴がありますから、何らかの対策を立てずにそのまま放っておけば、髪の毛の成長サイクルが短くなり、髪の毛の本数は減っていき、最終的には全く毛がない範囲が広がっていって行きます。現在この症状の進行を止めるための方法としては、内服薬を服用するという方法と育毛剤を頭部に塗布するという2種類の方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *