町田で話題の脱毛クリニックは

女性のAGAに利用する医薬品について

AGAは若い男性が多い脱毛症で、別名男性型脱毛症と言います。

遺伝子による男性ホルモンの乱れにより、体内の男性ホルモンのテストステロンと5α-還元酵素とが結び付くと、テストステロンはDHTと言う男性ホルモンに変換されています。テストステロン自体は脱毛を促す作用はないのですが、テストステロンが5α-還元酵素と結びついてしまうと、髪の毛の毛周期を狂わしてしまうDHTと言う男性ホルモンに変換されてしまうのです。

尚、男性ホルモンと言うのは女性の体内にも存在しており、AGAは男性だけではなく女性にも発症する薄毛です。但し、女性の場合はFAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症と言う別の呼び名で呼ばれており、別名瀰漫性脱毛症と言います。男性の場合は専門クリニックで5α-還元酵素阻害薬となるプロペシアが処方されて治療を進めることが出来るのですが、プロペシアは女性が服用する事で恐ろしい副作用を引き起こす事からも病院での処方は行われていません。

特に妊娠をしている女性や妊娠の可能性が有る人は利用するのは控えなければなりませんし、プロペシアの錠剤に触れるだけでも恐ろしい副作用を引き起してしまうので注意が必要です。尚、女性の場合は、女性専用の医薬品でもあるパントガールと呼ばれる医薬品を利用する事で薄毛の治療が出来ると言います。また、DHTへの変換を阻害する医薬品としてパントスチンと呼ばれている医薬品を利用する事でプロペシアと同じような効果を得ることが出来ると言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *