町田で話題の脱毛クリニックは

AGAとハミルトンノーウッド分類について

20~30代の若い男性の薄毛の多くは男性型脱毛症のAGAの可能性が高いと言います。

AGAはM字ハゲとO字ハゲの2つの薄くなるパターンが在るのが特徴で、薄毛の進行度合いを示すと言うハミルトンノーウッド分類と呼ばれる分類図に当てはめ、現在の薄毛の症状がどの程度の物であるのかを知ることが出来ると言います。ハミルトンノーウッド分類は、アメリカのハミルトン医師が分類を行ったものであり、薄毛の進行パターンを7つの段階に分類してあるのが特徴で、そこにはM字ハゲとO字ハゲの進行ステージが表示されているのです。

分類レベルは1から7までとなっており、分類レベルの1、2、2(Vertex型)が第一段階、分類レベルの3、3(Vertex型)、4が第二段階、そして分類レベルの5~7が第三段階と分類レベルが7つ、段階は3段階に分けられており、分類レベルが高くなるほど薄毛の状態は多くなるのが特徴です。M字ハゲは前頭部が徐々に後退して薄くなるもので、O字ハゲは頭の頭頂部が丸い形で薄くなるのが特徴です。

分類レベルの7になるとM字ハゲとO字ハゲの境目が無くなり、大半の毛が抜けてしまい側頭部だけが残るようなレベルになるのが特徴です。尚、分類レベルが7になった場合はAGA治療や最近注目されているHARG療法などでも発毛を促すことが難しいとされており、特に毛母細胞が死滅している場合は致命傷だと言います。そのため、AGAの症状は早めに抑制させるためにも治療を受ける事が大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *