町田で話題の脱毛クリニックは

AGA治療薬に期待できる効果

AGAは、生え際の両サイドと頭頂部が薄毛になるという症状で、男性型脱毛症とも呼ばれています。

日本人では、20代の後半から30代にかけて発症するケースが一般的です。男性ホルモンのテストステロンが、変換されて作りだされるDHTという物質が根本的な原因です。DHTは、男性性器の発育をサポートするというのが本来担っている役割ですが、毛乳頭細胞の受容体と結合した場合は皮脂の分泌量を著しく増加させてしまいます。また、通常であれば数年間は持続する頭髪の成長期を半年程度にまで短縮します。

この為に、頭髪は十分に成長する前の段階で、抜けてしまうケースが多くなります。この様に、AGAは体内で生産される物質が原因で進行するので、これまでは改善する事は非常に難しいと考えられてきました。しかし、現在ではプロペシアという治療薬が開発されており、かなりの確率で進行を防ぐ事が可能となっています。プロペシアは、AGAの原因物質であるDHTの生産に関与している5α還元酵素の阻害剤です。

DHTの生産が抑制される事により、狂わされていた毛周期が通常の状態に回復する事になります。成長期も元の長さに戻るので、途中で抜けることなく頭髪が成長する様になります。ただし、プロペシアには頭髪の成長を活性化させたり発毛を促進する効果はありません。この為に、DHT以外が原因の脱毛症に対しては、効果を発揮する事はありません。男性性器の発育をサポートするというDHT本来の作用も阻害されてしまうので、妊娠中の女性や未成年者の使用は禁止されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *